仕事で役立つ機器を活用するために

企業にとって必要不可欠

コピー機は購入もレンタルもできる。

企業に勤め人ならわかるだろう。コピー機はなくてはならないものだ。会議の資料でも印刷したものを使用する。また、請求書やチラシなど様々な場面で多く利用する。一般企業にとってコピー機とは必要不可欠な事務用品だ。では、コピー機は購入しなくてはいけないのか。必ずしも購入しなくても良く、レンタルすることだってできるのが今のようなかである。どういった場面で購入とレンタルとを使い分ければよいのであろうか。それは使用年数で決まる。工事現場のプレハブなどで使用する場合など1年などで使用目的がなくなる場合はレンタルが良い。わざわざ購入する必要はない。しかし3年以上使用する見込みがある場合は購入した方がトータル的にお得になるケースが非常に多い。

レンタルで得するひと、損する人。

コピー機をレンタルすることでメリットを得られる人もいる。例えば試用期間が短い場合である。数ヶ月や1年など使用期限が決まっている場合である。車を想像してほしい。2日間だけ使用したいって思う人は車をわざわざ購入するよりレンタカーを利用するだろう。それと同じである。また、こういう場合もレンタルでコピー機を利用した方が良い。それは起業したての会社だ。コピー機を購入になると一度に費やす費用が高い。起業当初は資金のやりくりが不安定なため、大きな出費は避けたいものだ。そのため少額でコツコツと払うレンタル形式は起業したての会社にとっては大変ありがたいシステムとなる。このように企業はコピー機の購入とレンタルを使い分けることで自分たちの支出管理を行うことができる。