仕事で役立つ機器を活用するために

インクの需要

互換インクの今までとこれから

互換インクとは、メーカー純正のインクとは異なっています。メーカーが製造しているインクではなく、他のメーカーがそれぞれの機種に適合するように製造しています。ICチップが付いているインクは機械によってインク使用率がリセットされています。リセットは必要不可欠でプリンターにインク容量がどれぼど残っているか、インクが空になっていないかを報告します。個人レベルで互換インクを詰め替えするときにもリセットと言う作業が必要になりますが簡単にリセットできます。プリンターの家庭普及は(特にインクジェット)1995年Windows95時代から始まりました。当初はメーカー製の純正インクしかありませんでしたが、その後になってから他メーカーが製造する互換インクや詰め替えインクが普及するようになりました。互換インクや詰め替えタイプのインクは値段が非常に安いことが最大の特徴です。互換インクにした場合機種によってはインク残量通知機能を無効にする必要があります。プリンタ需要は家庭用で言えば年賀状印刷のために使われることが多いです。近年プリンタ需要は下がっている傾向がありますが、互換インクのメーカー、需要は増えています。

純正インクとの違いと注意するべきこと

純正インクと互換インクの違いは互換インクは値段がすごく安いことと量が多いものがあることです。なぜ安いかと言うと他のメーカーが安価な素材を使って製造をしていたりリサイクル回収をしたインクカートリッジを使い製造していることなどが要因です。価格が大幅に安いということが最大のメリットですが印刷品質(画質、発色)が落ちたりインク漏れやプリントヘッドを詰まらせたり、メーカーの保証がなくなったりします。純正品はメーカーが製造している物でプリンターの仕様に完全に合わせて作っています。互換インクは様々なメーカーが製造していますが、メーカーによっては最悪プリンターの故障やインクを認識しないなどを誘発する場合がありますし、上記に記載したインク漏れなどのデメリットを起こすこともあります。インクを購入する際はメーカーを確認して買うことがとても重要です。